IoTプラットフォーム サブロウ

Sublow
リモートメンテナンスについて

Sublowリモートメンテナンスは、Sublow IoTプラットフォームの中で開発された防犯カメラ専用の死活監視サービスです。

IoTサービスSublowリブーターの紹介図

Sublowリモートメンテナンスの
サービスについて

防犯カメラ専用レコーダーやネットワークカメラが正常に動いているかどうかを毎日遠隔地から確認することができます。
センシングデータは担当者のSNS(LINE)やメールに通知されるため、情報の保管・整理も容易です。

Sublowリモートメンテナンス
サービスの特徴

全メーカーの防犯カメラシステムが接続可能という汎用性があるため、多くの方に安心して導入いただけます。
また、「正常に作動している」ことが一目でわかるインターフェースもポイントのひとつです。

Sublowリモートメンテナンスが
できること

  • 動作確認のため、定期的に担当の方が足を運んでいらっしゃる
  • 無人環境に防犯カメラとレコーダーが設置してありリモートでの動作確認が困難
  • 複数台の防犯カメラを効率よく管理したい  など

防犯カメラのリモートメンテナンス導入が、人件費削減・より高い安心感を得ること・業務効率を改善することに効果を発揮するケースは多々あります。

【防犯カメラがいざというときに作動していない】その危険性を限りなくゼロに近づけるために。

Sublow
リモートメンテナンス
開発背景

IoTサービス「サブロウ リモートメンテナンス」

防犯カメラの専門店である弊社は、たくさんの防犯カメラの販売・設置工事を行ってきました。
そして、防犯カメラの導入から設置・その後のメンテナンスにわたってお客様と長期間接する中で、いざというときに録画ができていなかった、というケースに遭遇することがありました。
これは、納品後またはメンテナン後になんらかの障害が起こり不具合が生じていたことに気づかなかったために発生する課題でした。
防犯カメラの法定耐用年数は6年と他の設備機器より短いため、お客様のHDDやファンなどある一定期間で利用できなくなる消耗品がシステムの一分に含まれていることが上げられます。
防犯カメラは、普段その運用を気にしなくても放置したままで勝手に撮影し、記録してくれることにメリットがあります。
事件や事故が起きたときに録画されていなかったということを防ぐためにも、毎日防犯カメラ機器の運用を監視していてくれるSublowリモートメンテナンスが役に立ちます。

その他のIoTソリューション

Sublowリブーター

IoTプラットフォーム(リブーター)ロゴ

Sublowリブーターは、遠隔から機器の電源操作(電源のON/OFF)ができるサービスです。
インターネットがつながっていない環境にある機器の電源も操作することが可能です。

例えば、電源をOFF→ON(再起動=リブート)することでフリーズした機器の自動解消を図ったり、
遠隔から電源制御することで機器の適切な運用をサポートできる仕組みです。

詳しくはこちらから

Sublowへのお問い合わせはこちらからどうぞ